Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//成人式は式典!なぜ振袖を着るのかを考える

ブログ

成人式は式典!なぜ振袖を着るのかを考える

コロナ拡大で、春からの大学入学や授業の開始の遅れとなっているようです。

そのためかどうかは否かですが、当店でも振袖のご相談へのご来店を頂き、

お母様やお嬢様との振袖選びを楽しくさせていただいております。

 

 

 

そもそも、成人式とは何なのか?成人式とは、日本政府ではなく各自治体が自主的に新成人のために

式典や講演会を開催したり、記念品贈呈などを行事として行っているものです。

現埼玉県の蕨町の「青年祭」に影響を受けた日本政府が、昭和23年に「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の

趣旨のもと、昭和24年から、1月15日を成人式と定めたそうです。

 

では、どうして成人式にどうして振袖なのか?

欧米でも日本でも ドレスコードが存在します。ドレスコードとは、場所や場面にあった服装のルールや格式です。

海外では一番格式の高い場面ではフォーマルの装いとなり、場所や時間によっても さらに区分された決まり事があります。

現在の日本では、洋装と和装が混在しているので さらに複雑に感じるかもしれません。

しかし、こと和装においては フォーマルは 礼装・略礼装。ミスかミセスかによる違いとなりますが、

未婚女性の概ねのフォーマルとしては 振袖との認識でよろしいかと思います。

 

ですので、大事な式典である成人式には一番の礼装である振袖となる訳ですし、

披露宴やパーティーをはじめ 個人的には大学の卒業式などでも式典としての格式を考慮すれば

私個人としては 卒業式=袴が当たり目ではなく、 振袖の出席もよろしいのではないかと考えます。

 

最近は洋服感覚のデザイン重視の色柄の振袖も増えておりますが、

着物は洋服に比べて肌の露出が少ない分生地で覆われる箇所が多く また 豪華な帯や

重ね衿 帯揚げ 帯締めなどの小物を用いて、色が重なり さらに華やかな装いとなります。

それを考慮せずに 好みのみで選んでしまうと、せっかくのご本人が引き立たず 装いばかりが

強い印象になってしまいます。

 

当店ではこのように、振袖が未婚女性の一番の礼装であることを考えた上での、

ご本人を引き立てるような 古典柄を中心とした振袖選び 小物選びをおすすめしております。

 

宮本
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧